— 少年の祭典「ボレロ」— のあゆみ

第1回  1986年  7月31日
山形県白鷹中央公民館に於いて、白鷹荒砥小学校児童参加による「ボレロ」演奏。

第2回  1986年12月14日
川崎市宮前文化センターに於いて、川崎市の子供たちとその父母600人が「ボレロ」演奏。

第4回  1987年11月  3日
川崎市労働会館「働く者の祭り」に於いて市民600人による「ボレロ」演奏。

第8回  1989年  8月  5日
山形県小国町立小玉川小学校に於いて、地元の子供たちと「ボレロ」共演。


第9回  1989年12月10日
川崎市幸文化センターに於いて、市民1000人による「ボレロ」演奏。
指揮者・芸術村あすなろ前音楽監督安部嘉伸先生死去。

第10回   1990年  8月  3日
山形県川西町ふるさと総合センターに於いて、地元の子供たちと「ボレロ」共演。
指揮者・音楽監督に安部順子先生が就く。

1991年  9月17日
ボレロを楽しむ会実行委員会発足。実行委員長・森山定雄。

第13回 1991年12月15日
川崎市労働会館に於いて、市民1000人による「ボレロ」。川﨑市長高橋 清氏に臨席頂く。

1992年  8月13日
ボレロを楽しむ会実行委員長・佐谷隆一。

第19回 1994年12月18日
川崎市制70周年記念事業として川﨑市教育文化会館に於いて、市民 1000人による「ボレロ」。スペイン舞踊が加わり盛況に終わる。

第21回 1995年12月17日
川崎市教育文化会館に於いて、オカリナやマンドリン等新しいパートも加わり「ボレロ」演奏。盛況に終わる。

第25回 1997年12月21日
川崎市はもとより横浜市、東京、千葉、埼玉など関東近郊から参加者が集い「ボレロ」演奏。

第27回 1998年12月20日
中学生、高校生の吹奏楽をプログラムに加え盛況に終わる。

第31回 2000年12月17日
川崎市の「カウントダウン事業」に選ばれ、「ボレロ」演奏が21世紀の架け橋となる。

2001年  8月29日ボレロを楽しむ会実行委員長・野村芳広。

第33回 2001年12月16日
川崎市教育文化会館に於いての「ボレロ」。川崎市長阿部孝夫氏に臨席頂く。

第34回 2002年 7月31日
山形県川西町ふるさと総合センターに於いて「玉庭ふるさと雪まつり」の演目として「ボレロ」演奏。

第40回 2005年 7月30日
山形県川西町フレンドリープラザ野外ステージに於いて、川西町町長原田俊二氏臨席の下「ボレロ」演奏。

2006年11月20日
ボレロを楽しむ会実行委員長・菅谷雅生。

第43回 2006年12月17日
山形県川西町立玉庭小中学校より7人の児童が川崎の「ボレロ」に参加。

2008年11月20日
ボレロを楽しむ会実行委員長・五十嵐努。
NHK・BS「名曲探偵アマデウス」で少年の祭典「ボレロ」が取り上げられる。

第48回 2009年  8月 1日
山形県川西町に於ける夏期合宿20周年を記念して「青空演奏in玉庭」として地元の農業高校吹奏楽部、コーラス団体の参加を得、盛大に「ボレロ」演奏。

第50回 2010年  7月31日
25年目、50回を迎えた山形県川西町に於ける「ボレロ」演奏。

第51回 2010年12月19日
川崎市教育文化会館に於いて、25周年を記念してスペインよりヴォーカル・ユニットを招き盛大に「ボレロ」演奏。

第53回 2011年12月18日
東日本大震災で被災された方々に対し「届け!!生命(いのち)の歌―東日本大震災の中で―」と題して鎮魂と復興を願う公演。

2013年 4月 1日
ボレロを楽しむ会実行委員長・吉田博昭。

2015年 4月 1日
ボレロを楽しむ会実行委員長・舘 克則。

第61回 2016年12月13日
30年目を迎え記念公演としての「ボレロ」。福田紀彦川崎市長に臨席頂く。

2017年 4月 1日
ボレロを楽しむ会実行委員長・小原 洋。

2017年12月
TVKテレビ「猫のひたいほどワイド」潜入レポートを受ける。

第68回 2020年12月
新型コロナ感染拡大のため無観客で演奏収録を行い、映像をWEB配信する。

2021年1月
ボレロを楽しむ会実行委員長・藤吉誠一郎。

ボレロのあゆみ
ボレロのあゆみ
ボレロのあゆみ
ボレロのあゆみ
ボレロのあゆみ
ボレロのあゆみ